村井 梨花
京都店 2018年入社

サロンの雰囲気がどこよりも明るかった
AILEに入社を決めました。

就職活動ではエステ業界に絞っていました。エステ業界を志望していたのは、もともと美容に興味があったことがまずひとつ。そして私自身、人と関わることがとても好きだったことがもうひとつの理由です。エステサロンであればお客様と近い距離で、なおかつ長い関係を築きながら仕事ができると思い当社を志望しました。選考は当社を含め、4つのエステサロンを経営する会社を受けました。すべての会社から内定をいただくことができましたが、その中でAILEを選んだのはサロンの雰囲気が一番よかったからです。店内が非常に明るくて、スタッフの方も気さくに話しかけてくださりました。そして何より面接を担当してくださった佐々木店長の底抜けに元気な人柄に魅かれました。

時間を惜しまず指導してくれる
上司・先輩の存在

入社後は研修からスタートし、専門知識や施術のスキルをイチから学んでいきました。習熟度に応じてすこしずつ新しい知識やスキルを習得していくカリキュラムが設けられているため、安心してスタートを切ることができたと考えています。また配属先のサロンでも先輩が丁寧に指導してくださり、ときには営業時間後に残ってレッスンをしてくれます。できないから見捨てるのではなく、できるようになるための方法を上司や先輩が真剣に考えてくれるのは当店の魅力ですね。周りのフォローもあって、今では多くのお客様の施術を担当させていただいています。今後はもっと経験を積んで貢献していきたいです。将来的には、売上や集客といったサロンマネジメントの業務にもチャレンジし任せてもらえることが目標です。

店長
佐々木 悠
京都店 2007年入社

「おもしろそう」という直感を信じて入社

大学では英語を学んでおり、就職活動でも語学力を活かせる企業から内定をいただくことができました。しかし納得するまで就職活動をしようと思い、その後も企業研究を行うことに。AILEと出会ったのは合同企業説明会です。正直、そのときはエステティシャンに関心を寄せていたわけではありません。でもなぜか当社のブースに興味が湧き、着席しました。おそらく学生に説明を行っていた当時の人事担当者の存在感に魅かれたのだと思います。ほかのブースの人事担当者がスーツを着ている中、真っ白の制服で熱心に説明をする姿が今でも印象に残っています。サロンに行ったこともなかった私ですが、気づいたときにはエステティシャンになりたいという想いが募り、入社することに決めました。

お客様のカラダもココロも変わっていく
過程に立ち会えるやりがい

現在は京都店の店長を務めており、売上管理をはじめ、部下の育成や顧客管理を行っています。もちろんプレイングマネージャーとして施術も担当しています。お客様の傾向は、もとから美容やダイエットに関心があり、自分で取り組んではみたもののなかなか思うような効果が出ず悩まれている方が多いです。あとは結婚を控えているお客様もご来店されますね。仕事のやりがいは、やはりお客様がキレイになったり、サイズダウンを実現したときの笑顔を見ることです。そして「通ってよかった」と感謝の言葉をいただいたときです。また京都店には長年通ってくださるお客様も多く、中には10年以上お付き合いのある方もいらっしゃいます。はじめて来店された20代前半の頃、よいパートナーと巡り会えた20代中盤、そしてめでたくゴールインした20代後半…生活の移り変わりに携わり続けられることはエステティシャンとして非常に嬉しく思います。

スタッフのチームワークの
良さがAILEの自慢です

AILEではサロンのスタッフ全員でお客様をサポートしており、ミーティングではいろんな意見が飛び交います。お客様の理想とする姿を実現するため、みんなが同じ方向を向いて仕事に取り組める職場環境が自慢ですね。もちろんプライベートでも仲が良く、仕事終わりに食事へ出かけたりすることもあります。私が思うAILEにピッタリな方は、美容に興味があって、自分もキレイになりたいと思っていて、そして感謝されることにやりがいを感じられる方です。AILEであればすべて叶えることができますよ。知識や経験は問いません。私も未経験からはじめました。周囲の先輩がしっかりとフォローしますので、安心して入社していただきたいですね。